悲しい境遇の印鑑

印鑑イメージ

はんこの専門店になればなる程、他のはんこと比べられてボコボコな評価をされているなんとも不遇な材質。それがラクト。
ラクトというと余り想像できないかもしれませんが、合成樹脂ともプラスチックとも言われる素材ですと言えば恐らくお分かりになるのではないでしょうか?

プラスチックなので当然人工物です。
専門店などの材質一覧を何店舗かみていただければわかるかと思いますが、材質面からのレビューになりますので当然といえば当然ですが、酷評です。
壊れやすい、熱に弱い・・・。
挙句の果てには時々安っぽいつくりとまで言われてしまっている悲しい境遇の印鑑です。

【実印の書体、大きさは様々です】
実印を購入する際に気を付けたいコト。印鑑卸売市場は魅力的な実印がたくさんあります。

専門店ではボコボコな言われようのラクト製印鑑。
それではこのラクト製印鑑はいずれ消えてしまうのでしょうか?
それがそうとは言い切れないのです。確かに少々他の天然素材を使用した印鑑と比べると見た目がちょっと劣るラクト製印鑑。ただし値段の方は天然素材を使用した印鑑と比べると衝撃プライスです。

ラクト製の印鑑であれば100円ショップにも売っています。
100円で芯持ち象牙の素材が欲しいと言ったらもしかしたらカケラ位にしかならないかもしれないのに、ラクト製であれば完成品が手に入ります。

また加工も容易な為様々な種類の色が用意されており、中にはなかなか可愛らしいものもあります。
通販でだって店頭だってラクト製の印鑑であれば印鑑店であれば取り寄せにはならず即手に入る所が殆どです。
品は劣るが手軽で安価なラクト製印鑑。専門店ではボコボコでも、やはり需要はたくさんある種類なのです。

ページの先頭へ